YouTubeのお話

Android4.4の頃からスマホの画面を
動画としてキャプチャする機能が備わっています。
Android5.0以降ではいろいろなアプリも出ています。
今回はその話とYouTubeのお話です。
最近になって動画キャプチャーのアプリ
充実してきており画質もそこそこのレベルで
録画出来るものが増えてきています。
私は現在は「Mobizen」というアプリを利用しております。

画質も結構良くて満足なのですが
音声がスピーカーから出ている音をマイクで拾う形なので
音質はあまり良くはありません。
これはどのアプリも同じでおそらく著作権の問題かと思われます。


スマホの動画キャプチャーを何に利用するかというと
すっこ工房の自作アプリをYouTubeにアップして紹介するのが目的です。
また、Googleplayにも動画でYouTube経由で紹介することも可能です。

今までもいくつかの動画をアップしてきました。
初期の制作アプリで著作権からみで公開出来ない作品も
いくつかあり、せめて動画でと思いアップしたものもあります。
ここからはYouTubeのアップと著作権のことについて書きます。



音楽付きスライドショーのアプリのサンプルとして公開した
「明日に向かって」という岡崎律子さんの曲をアップしました。

こちらはアニメ「カードキャプチャさくら」の目覚ましアラームアプリの動画です。

どちらも著作権の警告が来ていたのですが
削除せよ!というものではなく
いろいろ規制を掛けて公開OKというものでした。

その規制は一部の国でブロックされたり
一部のデバイスでブロックといった限定的なもの、
そしてアップ主の広告収益の無効化とともに
著作権利者が広告を収益化するといったことが書かれていました。

つまり、一定の条件付きで公開OKというものでした。


YouTubeの著作権問題はよく話題になりますが
例えばアニメのオープニング動画などでもあっさり削除されていました。
今回アップしたのも、削除覚悟のものだったのですが
規制付きでOKが出たのは少し驚きでした。

たしかに著作権の問題はいろいろあると思いますが
権利者もただただ削除だけでなく、逆に利用して
宣伝や利益に繋がればとも以前から思っていました。

今回のことが丁度そんな感じのことで
ちょっと嬉しく思いました。

YouTubeでは懐かしいアーティストのライブ動画なども
多く出ており、もう二度と見れないと思っていた動画なども
あったりして楽しんでいます。


著作権に関しては版権者の意思次第かとは思いますが
例えば、YouTubeを利用して海外でも人気が上がっている
AKBグループやBabyMetalといったアーティストもいます。
版権者も視聴する側も共にWinWinになるような関係が出来るといいと思います。
関連記事

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すっこ

Author:すっこ
自作のAndroidプチアプリや
アプリ制作の話、
お気に入りのアプリ等の
紹介をしています。
うぇるかむかも~ん!
リンク歓迎!

すっこ工房のアプリ
badge_new.png
カテゴリ
最新記事
訪問カウンター
リンク
RANKING
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる