スマホの基本その1

スマホに拒否反応や嫌悪感を持っている方が
結構いらっしゃいます。

操作がむずかしそうとか、ニュースなどでSNSで犯罪が行われているとか
なんとなく先入観が出来てしまっているのではないでしょうか。

それでも時代に取り残されたくないと興味はあるけど
今さら勉強ってのも・・という方もいらっしゃるかも。

というわけで今さらながらスマホのいろいろを紹介したいと思います。


そもそもスマホって?

電話や簡単なメールなら携帯電話で十分だ!という方も結構いると思います。
そもそも、携帯電話が進化したものがスマホということ自体
少し違うのかもしれません。

スマホはモバイル情報端末であり、その中に電話機能も備えている
といった立ち位置なのではないでしょうか。
さらにむずかしいと思われるかもしれませんが
例えば、携帯電話が無かった頃、「そんな贅沢品はいらない」とか
カーナビなども「操作が難しくて出来ない」という感じでしたが
今ではどちらも無くてはならない存在となっています。

スマホもいざ使ってみると便利なアプリが多数存在しており
本当に便利なものです。

地図アプリなど触ってるとついつい時間が経過していたりします。


スマホの基本操作方法

簡単な操作方法を紹介します。

画面タッチ

スマホの最大の特徴は画面タッチによる操作です。
タッチの仕方で様々な操作を可能にしています。
一部を紹介します。

・タップ、ダブルタップ
 画面を軽く1度、もしくは2度叩きます。
 もっとも多く利用する操作です。

・長押し(ロングタップ)
 画面を指で2~3秒押し続けます。
 コピー&ペーストなどに使います。

・フリック
 画面に触れた指先をすばやく上下左右いずれかに素早く払います。
 ページをめくる時などに使います。

・スワイプ
 画面に触れた指を押したまま移動させます。
 WEBなどのスクルールに使います。

・ピンチイン、ピンチアウト
 2本の指で広げたり縮めたりの操作をします。
 主に画像や画面の拡大、縮小に使います。

主な画面タッチはこんな感じです。


ハードキー

基本的にAndroidの端末のハードキー(機械的ボタン)は
携帯電話と違い、3つしかありません。

電源ボタンと音量+-の3つです。
音量ボタンはそのまんま音量調整です。

電源ボタンは短く押すことでパネルの照明をオフにし
スリープ状態にします。
長押しすることで端末の本電源を切ります。
また、何らかの不具合でフリーズしてしまった時も
長押しすることで再起動されます。


画面の説明

sshot
現在のAndroidは大抵このようなデザイン配列されています。
ひとつひとつのアイコンが個々のアプリのショートカットで
それらをタップすることでアプリが起動します。

上部の時計などのアイコンがある場所から下にむかって
フリック操作するといろいろな通知の表示や簡易設定などが出来ます。

下部の3つのアイコンですが
右から「アプリの履歴表示」「HOMEキー」「戻るキー」です。

アプリの履歴表示」
過去に見ていたアプリの一覧が表示されます。
この一覧からアプリの起動も可能です。

「HOMEキー」
ホーム画面に移行します。
よく終了キーと勘違いしますがあくまでアプリを非表示にして
ホームに移行するだけです。
この辺りはややこしいのでまた、詳しく解説します。

「戻るキー」
開いていたページの一つ前のページに移動します。
最前列のページでしたらホーム画面に切り替わります。
これもまた詳しく説明します。



以上、本当に簡単ですが操作方法と画面の説明でした。
次回はパソコンとは違うアプリの挙動を説明したいと思います。

下のサイトから初心者向けの丁寧な解説が見れます
スマホの使い方
関連記事

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すっこ

Author:すっこ
自作のAndroidプチアプリや
アプリ制作の話、
お気に入りのアプリ等の
紹介をしています。
うぇるかむかも~ん!
リンク歓迎!

すっこ工房のアプリ
badge_new.png
カテゴリ
最新記事
訪問カウンター
リンク
RANKING
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる