電卓アプリ その4

消費税が2017年の4月に10%に引き上げられます。
その際に軽減税率として外食、お酒を除く食品や新聞は8%に据え置かれます。

基本的に権限税率には賛成なのですが
電卓アプリ製作者には泣きたくなる制度です・・・

少し今回の軽減税率について書いてみたいと思います。
公明党と自民党の協議でほぼ公明党の意見通り決まった軽減税率、
賛否両論があるようなのですが
私は生活必需品である食品にかけることは賛成です。
よく、記事で見かけるのは「1兆円の減収になる」などと書かれますが
あたかも税収が減ってしまうように錯覚してしまいます。
しかし、そんなことはなく消費税を10%に上げるのだから税収はぐっと上がります。
軽減税率をせずに10%にした場合に増加する増税分より税収が減るだけなのです。

当初、軽減税率案が出たとき、食品は5%くらいに下げるものだと思っていました。
海外などでは20%の消費税を取りながら必要な食品には0~5%とグッと低いのが標準です。
たかだか2%の差ってのはどうなのかなと思います。
ただ、今後また消費税が上がられるようなことがあるならまた見解は変わってくるでしょうけど。

ここでいろいろ意見してもしょうがないのでアプリ制作の話に戻します。。

買い物特化の電卓を制作するにあたり
複数の税率が存在するとなるとその都度税ボタンを用意するべきと考えています。
内税表示の商品もあるので3つのボタンを作り選択できるようにするといいかもしれません。

また、外食でもお持ち帰りの場合10%でなく8%になるそうで
この場合の計算も例えば、10%税込み480円の商品の場合
480÷1.10×1,08となり471,27円となります。
端数は切り捨てるとして471円となり、9円安くなることに。

そんな機能も1ボタンで計算することを考えています。

しかししかし、いろいろ調べていくと
なんと今後、平成30年度には内税表示が義務化されるそうです。
消費税5%だった頃は内税表示が普通だったのですが
増税のたびに値段表示を書き換えるのは大変ということで外税表示が認められていたのです。
今回、また、以前のように内税表示を義務化するようなのです。

そうすれば、消費者はさほど税率も気にせず買い物が出来るのは確かですが
買い物特化電卓アプリの存在意義も・・・

まあ、少し様子を見ながらアプリの制作方向も検討していこうかと思っています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すっこ

Author:すっこ
自作のAndroidプチアプリや
アプリ制作の話、
お気に入りのアプリ等の
紹介をしています。
うぇるかむかも~ん!
リンク歓迎!

すっこ工房のアプリ
badge_new.png
カテゴリ
最新記事
訪問カウンター
リンク
RANKING
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる