Android Studioついて3

Android Studioにてアプリ制作を再開しましたが
まだまだエラーが発生するので個人的メモ的な感じて書き残します。
私のPC環境はデスクトップPCとノートPCの2台で共にWindows10です。
先回はデスクトップにインストールし、環境を整えるところまで出来たのですが
今回、ノートPCのほうではデスクトップではなかったエラーが多発してしまいました。

そのエラーのこと、解決策などを書いていきます。


まずひとつ目のエラーはEclipseで制作したアプリをインポートした際に
起こる「Values-v23」関連のエラー
英語で何やら書いてあるけれどとても理解出来ない・・
いろいろ調べてみるとSDKバージョンが23以前のものをインポートすると
「23でやりなさい!」と怒っている模様・・
解決法としてはbuild.Gladle内
android {
compileSdkVersion 21
buildToolsVersion "23.0.0"
というところのcompileSdkVersion 21の21を23に変更してSync nowを押すと良いみたいです。


もうひとつインポートしたアプリのうちJAVAプログラム内の
日本語が文字化けを起こしてしまいます。
プログラム自体には日本語は使われませんが
文字列に日本語が入っているところ、また注釈に日本語を使っていると文字化けします。
その他のXMLファイルやStringなどは正常に日本語が表示されていますが
Javaプログラムのみダメなようです。

SettingのエンコードからUTF-8を設定してみてもどうにも治らない・・

どうやら、WindowsPCの日本語エンコードがデフォルトでWindows-31jというものが
使われているのが原因なようです。
Androidでは日本語エンコードはUTF-8が標準です。

追記
解決法を見つけました。
Androidstudio001.jpg
Setting>File Encorderで上の赤枠のように設定します。
インポートしたJavaプログラムの日本語は文字化けした状態ですが
画面左下のUTF-8をクリックし、Windows-31jを選択し「Reload」を押します。
Androidstudio002.jpg
すると文字化けが治りますので、その後もう一度UTF-8に選択しなおしてConvertします。
これで、文字化けが治りますがこれが正しいやり方なのかはよくわかりません。


その他にも得体のしれないエラーが起こり、なんともならなくなったこともありましたが
困ったときの再インストールということで、インストールしなおすことで何故か解決しました。


思い起こせばEclipseの開発環境を整える際も2~3日かかっっていました。
それに比べればまだかわいいものだったかもしれません。

とにかく先回もそうだったのですが日本語と英語の壁の大きさに嘆いてしまいます。
エラーの大半は日本語関連であるし、ヘルプやエラー説明もみんな英語。
日本のコンピュータ事業が遅れているのは間違いなく
「世界で一番難しい言語」である日本語と
英語を理解しない、必要としてこなかった風習があるのではないでしょうか。


話は少し逸れますが「Google翻訳」といアプリがあります。
昔に比べ翻訳もかなり進歩しており、
例えば日本語で話しかけると英語で翻訳した言葉をスマホがしゃべってくれたりします。
ただ、簡単な会話くらいまでで、長い文章やちょっと異質な言葉はとんでもない翻訳になります。
また、スマホがしゃべる言葉も英語などは上手にしゃべるのに
どうしても日本語は不自然だったり、アクセントがでたらめだったり、音読み訓読みがおかしかったり・・
さすが最強の難しさの日本語と思わされます。


愚痴はこのくらいにしておいて
なんにしても、なんとかAndroidStudioの環境は整ったので
英語の勉強もしつつアプリ開発を続けていこうかと思います。
関連記事

テーマ : androidアプリ
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すっこ

Author:すっこ
自作のAndroidプチアプリや
アプリ制作の話、
お気に入りのアプリ等の
紹介をしています。
うぇるかむかも~ん!
リンク歓迎!

すっこ工房のアプリ
badge_new.png
カテゴリ
最新記事
訪問カウンター
リンク
RANKING
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる